おすすめ結婚相談所34選はこちら!

【体験談】婚活に疲れた男性必見!婚活の疲れはコントロールできる

婚活疲れ
Hiroki
婚活、もう疲れた・・皆どうしてる?

 

今回、こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容
  • 婚活に疲れを感じた瞬間3つ
  • 婚活に疲れた私が実践した1つの考え方
  • 婚活に疲れた私が実践した1つの行動
  • 疲れ知らずの婚活をする方法【2ステップ】

 

本記事の執筆者(Hiroki)

私は30代後半の既婚者(子供あり)で、1年以内のスピード婚をして結婚6年目になります。また、大手広告代理店に10年勤務していたことがあり、「婚活サイト」をはじめ様々な業界のコンサルや運用経験があります。

 

婚活って「結婚」するまでずっと続くので、終わりのないマラソンをずっと走っている状態ですよね?

それって、相当にしんどいと思います。

 

でも、結婚願望があるなら最後まで走り切る必要がありますよね。

 

Hiroki
私自身も何か上手くいかない時に疲れていました。

 

そこで今回は、私の体験談から婚活で疲れた時にとった考え方と行動、そして継続的に婚活をしていく方法についてご紹介していきます。

 

先に結論をいいますと「自分のプライドを捨てて、女性への条件をゆるくする」になるのですが、なかなか簡単そうで難しい。
本記事では具体的に解説をしていきますので、ぜひご参考にしていただけたら幸いです。

 

それでは、どおぞ。

 

 

クリックして読める【目次】

婚活に疲れを感じた瞬間3つ

疲れを感じる瞬間

婚活に疲れを感じた時が「時間やお金」、「自分と関係ない話」をされたときでした。

 

Hiroki
自分に向き合ってくれてない感がありました・・

 

具体的には以下の3つになります。

  1. 時間だけ使って進展しない
  2. 元カレの話をされる
  3. お金をかけた分の見返りがない

 

時間だけ使って進展しない

メッセージ1通送るにも何度も見返して、相手のことを気遣い送っているんですが、実際に会うまでが遠い。

 

会う時も皆であいましょうなどと誘って、やっと会える。

Hiroki
相手に気がなかっただけでしょうが、自分では結構気づかなかったりします。

 

自分が好きになっても、相手が同じ気持ちでなかったら、本当に時間だけが過ぎていきます。

 

今でこそ普通だと思いますが、本当に結婚したいのであれば複数の女性に同時アプローチは必須だと思います。
なにか、一途であることが正しいと思いこんでました。

 

元カレの話をされる

何か怒りに近いものを感じていました。

 

Hiroki
目の前に私がいるのに、元カレの話??

 

遠回しの表現なのか?よくわからないですが、元カレは今関係ないでしょ。
確実に私に興味ないですよねってのが分かります。いくらなんでも失礼だと思いました。

 

付き合う前から元カレの話してくるということは、付き合ってからも比較され言われるだろうと思い、もう積極的にアプローチすることはなくなりました。

 

せっかくデートまで行っても「さよなら」ですね、これでまた一つ疲れがたまります。

 

お金をかけた分の見返りがない

デートに行けば、最低1万/1回くらいはみないといけないです。

 

Hiroki
私はケチと思われたくなかったので、ほとんど出してました。

 

私の勝手な偏見ですが、女性の方からお金を出すと言ってくれる人の特徴

①年収が高い
②優しい
③男性に変な借りを作りたくないと思っている

 

でも、ほとんどは「いいのー?」といって、私が出すパターンです。

今は、半々か気持ち男性が多めでいいと思います。

 

Hiroki
お金の出す出さないで、付き合うかどうか?は決まりません!

 

 

婚活に疲れた私が実践した1つの考え方

一つの考え

私が婚活に疲れた時に実践した考え方は「自分の安いプライドは捨てる」でした。

 

見栄を張ったり」「背伸びしたり」することを止めました。

Hiroki
ありのままの自分で勝負していくということです。

 

仮に「見栄」や「背伸び」が上手くいって結婚できたとしても、後で絶対バレるし・離婚もしたくない

 

「結婚」というゴールだけ見て、その後の結婚生活が上手く行かなかったら本末転倒ですね。

 

おそらく殆どの男性に当てはまるのではないかと思います。
見栄」と「背伸び」は止めましょう!

 

 

婚活に疲れた私が実践した1つの行動

一つの行動

考え方では「自分のプライドを捨てる」と解説しましたが、行動については「相手の理想を捨てる」になります。

 

お相手の理想は「年収が◯◯」「休みが一緒」「優しい」「顔は芸能人の◯◯似」「モデル体型」・・・まあ、出会えませんよね。
Hiroki
夢見がちな理想は捨てました。

 

私は以下の条件をベースに婚活を再スタートさせました。
  • 価値観が合う
  • 親との同居も考慮できる
  • 親・兄弟、親戚と仲良くできる

 

とりあえず離婚はしなさそうと思いました。

 

一緒に居ても疲れない関係が一番だと、現在結婚して感じます。

 

 

疲れ知らずの婚活をする方法【2ステップ】

疲れ知らず

誰しもが短期間でうまくいくとは限りません。

そんな時に、結婚まで時間は掛かりそうだが、なるべく心が疲れないように継続する方法をご紹介します。

 

以下の2ステップを実践してみましょう。

  1. 婚活で疲れる瞬間を書き出す
  2. 婚活の疲れレベルを設定する

 

婚活で疲れる瞬間を書き出す

私の場合は「時間だけ使って進展しない」「元カレの話をされる」「お金をかけた分の見返りがない」の3つでした。

 

Hiroki
3〜5つ出してみましょう!

 

私の例で解説をしていきます。

  • 時間だけ使って進展しない
  • 元カレの話をされる
  • お金をかけた分の見返りがない

 

 

婚活の疲れレベルを設定する

先程だした項目それぞれで、3段階で疲れレベルを設定してみましょう。

 

疲れ項目/レベル 気にしない スルーできる 疲れる
時間だけ使って進展しない 1回デート 2回デート 3回デート
元カレの話をされる 月に1回される 3回に1回される 会うたびされる
お金をかけた分の見返りがない 毎回5千円 3回に1回は1万円 毎回1万円

 

上記の表のように、「気にしない」「スルーできる」「疲れる」といった3段階で設定をしてみましょう。

おそらく「1回のデート」で上手くいかなくても疲れたと思っていませんか?

 

 

Hiroki
疲れるには違いないのですが、どのレベルまでいくと疲れるのか自分で基準を持つことで、心を軽減することができます

 

 

まとめ:婚活の疲れはコントロールできる!

今回、婚活で疲れを感じた時の考え方と行動、そしてコントロールの方法について解説をしてきました。

 

人生の大きなイベントである「結婚」に向けて活動しているのですから、疲れは当然あります!

 

その疲れの招待もわからず闇雲に婚活をすることは効率的ではないですし、自分の心を壊してしまう可能性があります。

 

Hiroki
婚活の疲れはコントロールできます!

疲れ知らずの精神力も大事ですが、疲れたと思ったら本記事を思い出して対策を実施してみてください!

婚活疲れ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックして読める【目次】
閉じる