おすすめ結婚相談所34選はこちら!

男性が結婚に焦りを感じる理由7つ!焦りから抜け出す方法3ステップ

結婚の焦り
Hiroki
結婚に焦りを感じる、、抜け出せる方法が知りたい。

 

今回、こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 【体験談】男性が結婚に焦りを感じる理由7つ
  • 【体験談】私が結婚の焦りから抜け出せた3つの方法
  • 【体験談】結婚に焦りすぎは禁物

 

本記事の執筆者(Hiroki)

私は30代後半の既婚者(子供あり)で、1年以内のスピード婚をして結婚6年目になります。また、大手広告代理店に10年勤務していたことがあり、「婚活サイト」をはじめ様々な業界のコンサルや運用経験があります。

 

結婚に焦りがあることは悪くないですが、なるべく早くその焦りから抜け出したいですよね?

しかし、結婚は女性ありきなので、自分ひとりだけでは抜け出せないのが難しいいところです。

 

 

Hiroki
私は真摯に女性(彼女)と向き合うことで抜け出せました。

 

そこで今回は、男性が焦りを感じてしまう理由、私が結婚の焦りから抜け出せた方法を体験談を交えて解説していきます。

 

焦りの理由を知り、自分を変化させていくことで必ず焦りがなくなり、結婚に向けてポジティブに行動していけると思います。

 

それでは、どおぞ。

 

クリックして読める【目次】

【体験談】男性が結婚に焦りを感じる理由7つ

結婚焦り理由

Hiroki
私は33歳で結婚をしました。

 

私の体験談をもとになぜ男性が焦りを感じるのか?理由を解説していきます。あなたも当てはまるかチェックしてみてね。

 

私は以下の7つ理由で焦りを感じていました。

  1. 周りの結婚が多く焦った
  2. 友人の奥さんや子供の話を聞き焦った
  3. 親戚で自分より下の年齢の結婚が増えて焦った
  4. 街で同年代の男性が子連れで歩いるのを見て焦った
  5. 結婚したいと思っているがうまくいってなく焦った
  6. 昔自分が思っていた結婚している年齢を超えて焦った
  7. 仕事がうまくいっていなく焦った

 

周りの結婚が多く焦った

会社の同僚へ結婚祝を出したり、友人から結婚の報告があったり、仲良くはないけどSNSで知人の結婚を知ったり、周りの結婚が多くなってきて結婚に焦りを感じていました。

 

Hiroki
自分はダメなんだと思っていた時期がありました。

 

「結婚した」という事実が突きつけられるので、私は嫌でも結婚を意識させられてしまう状態でした。

 

当時彼女はいたのですが、結婚までは考えられませんでした。

 

 

友人の奥さんや子供の話を聞き焦った

幸せな男性は聞いてもいないのにのろけ話や子供の話を悪気なくしてきます^^;

 

友人のことは好きなので嫌いになることはないですし、奥さんや子供の話はいいことなので「うんうん」と聞いてますが、心はそれほど穏やかではないですね。。

 

実際に自分が結婚すると独身男性に対して同じように話をしてしまったことがあり、はっと我に返ると「これって独身男性に対してのマウンティングだよな」と反省しました。

 

そうなのです!これは幸せな男性がやりがちな無意識のマウンティングなのです!

 

Hiroki
悪気がないのでタチが悪いですね。

 

 

親戚で自分より下の年齢の結婚が増えて焦った

私には従兄弟が多く、自分よりの下の年齢の方が多い家族・親族構成なのです。

 

自分よりも年齢が低いのに先に結婚しており、身内なので友人よりはネガティブではないですが、それでもやはり焦りは感じていました。

加えて、次はHirokiだねと親戚のおじさん・おばさん達から会うたびに言われます。

 

Hiroki
「あ、うん。今ね、色々・・考えてるから」という返答。。
ここも悪気はない、、身内だから早く幸せになってほしいという想いから、、なんですよね。

 

街で同年代の男性が子連れで歩いるのを見て焦った

街中で子連れのキレイな奥さん、可愛い奥さんを見ると旦那は鼻高々だろうなーと思ってしまう。

 

一言でいうと

Hiroki
うらやましい」と思ってました。

 

本当に嫉妬の塊だったと思います。

全く自分と関わりのない人だからこそ、友人や知人よりも「うらやましく」思い、自分もキレイで可愛い奥さんを見つけるぞ!と焦りを感じてしまいますし、女性への条件も厳しくなっていました。

 

 

結婚したいと思っているがうまくいってなく焦った

自分も結婚したいと思ってますが、当時、彼女がいましたが結婚を考えられないという状況でした。

 

なぜかというと、私はあまり喧嘩が好きではないですが、お互いの価値観の違いからよく喧嘩をしていました。

こんなに喧嘩をしているのに、結婚してもうまくいかないし、離婚する可能性もあるんじゃないかと思い結婚には踏み出せませんでした。

 

Hiroki
3年付き合いましたが、結局は別れました。

 

3年付き合うと「」もでるので、すぐに「別れよう」という言葉もでなかったです。

 

昔自分が思っていた結婚している年齢を超えて焦った

学生の頃思い描いていた結婚とは全然違うなと思いませんか?

 

私の場合、

十代の学生の時は25歳くらいで結婚するのかな?と思ってましたが、、

いざ社会人となるとムリで30歳までには結婚したいなー、、

30歳になると、35歳までには絶対したい!、、

 

といった具合で、どんどん年齢が上がっていくにつれて切迫具合が高まってきました。

Hiroki
甘い考えだったと思います。

 

 

仕事がうまくいっていなく焦った

結婚の焦りとは関係ないように思いますが、年齢が上がるにつれて給与や役職が上がらず焦っていました。

 

給与や役職がガンガン上がっていたら、こんなに焦ってなかったと思います。

 

この頃は合コンやパーティーなど、誘いがあれば基本参加し、より女性と会うことを目的にしていたので仕事が二の次になっていたのかもしれません。

 

Hiroki
仕事も婚活も中途半端!

 

 

【体験談】私が結婚の焦りから抜け出せた3つの方法

突破

結論、今の彼女に対して真摯に向き合うこと焦りから抜け出せました!

 

当時、付き合っていた彼女がいましたが喧嘩が非常に多く、結婚に不安をもっていました。

 

今の彼女とは結婚する気はないんだけど・・・と聞こえてきそうですが、まずは自分と付き合ってくれている女性に対して真摯に向き合うことが大切です。

 

ここで、しっかり自分の至らない所を認識し改善していく行動が次の相手にも通じます。

 

小手先だけの知識やテクニックは何も進展しません!

 

Hiroki
私の至らないところを聞き、どう改善していくか?考えました。
正解はそれぞれ違います。

 

なぜなのか?「考えることが大切」で、以下3つが実際に私が実践した内容です。
  1. 彼女に自分の至らない所を聞く
  2. 期間を決めて実践する
  3. 彼女と別れる覚悟を持つ

 

彼女に至らない所を聞く

付き合っている彼女に至らないところを聞きました。

 

単純に聞くだけではないです、真剣に「結婚するためには」どんなところを直せばいいか聞くのです。

 

まずは、彼女も言いたいことはたくさんあると思いますので、心を落ち着かせて全て聞き出しましょう。

そうすると彼女も多少スッキリするので、ここで彼女にも直してほしいところを1〜3つ言うのです。

 

男性側もイラついて同じように全てぶちまけては喧嘩になるので、本当に直してほしいところを1〜3つ伝えましょう。

 

まずは自分の方から至らないところを聞き、その後で彼女に直してほしいところを1〜3つ伝える。

 

 

期間を決めて実践する

お互いに直すべきことが分かりましたので、期間を決めました。

私の場合同棲はしておらず、月に会う回数は4回(週1)ペースだったので1ヶ月と決めました。

 

決めたのに、次会った時に早速喧嘩しました。

 

その後も喧嘩をしましたが、決めた1ヶ月間は我慢しました。

 

Hiroki
正直1ヶ月の最初の方には、もう自分の中では結論はでていました。

 

少なくとも期間は1〜2ヶ月見ましょう。期間(時間)が重要で、気持ちを落ち着かせて冷静な判断ができるようにするためです。

 

彼女と別れる覚悟を持つ

3年も一緒にいて、喧嘩も多かったですが楽しい思い出もたくさんあったので、別れることにはかなり悩みました。

 

しかし、私は結婚に焦っており、先の見えない相手と結婚してお互いに幸せだろうか?そう思いました。

 

最初に「1ヶ月」と期間を決めました。

①1ヶ月間で改善点が直らなければ、一度離れてみよう
②その後の1ヶ月なんの連絡も取らずに、3ヶ月目にもう一度会ってみよう
③ダメなら別れよう

 

このような形で3段階で考えていこうと提案しました。

 

まずは今の彼女との結婚をしっかり考えた上で、お互いに違うと判断できるところまで話をしていくことが重要。

 

結婚しているなら、「別居」>「離婚」の流れですね^^;

ここまでくると、レッドシグナル手前です。

 

Hiroki
その後に出会った女性と1年以内に結婚して、とても幸せです!

 

 

【体験談】結婚に焦りすぎは禁物

焦りすぎ

当時を振り返ると、焦りまくっていました。

 

まず思考が狂っていますので、適切な判断ができませんでした。

 

相手の良いところだけを見て、本当は価値観がズレているのに「見ないふり」をしていました。

 

Hiroki
相手じゃなくて「結婚」とう言葉だけ追ってました。

 

それでも、焦り過ぎは禁物ですが、30代後半の男性は、、、ぜひ焦ってください!

なぜならば、ここで焦って行動に移さなければ、今後結婚の可能性は確実に下がります。

 

人生100年時代で晩婚と言われていますが、結婚の適齢期ってさほど上がってません。

子供を安全に産める年齢というのもありますので、40歳になって結婚したいや子供がほしいは、遅すぎます。

 

 

Hiroki
あの時、ちゃんと婚活していたらと後悔しないように!

 

結婚が早い人はその理由と考え方があります、以下の記事で詳しく解説をしています。

 

 

まとめ:結婚には適切な焦りが必要!

今回、私の体験談をもとに「男性が結婚に焦りを感じる理由7つ」と「私が結婚の焦りから抜け出せた3つの方法」について解説をしてきました。

 

焦りは、単純に結婚できていないからではなく、その先にはしっかりとした理由があります。それは、他人へのうらやましさであったり、嫉妬であったりします。

 

私含め人は他人と比較してしまいます。きっと同じものは手に入りません、結婚にも様々な格差があります。

 

それでも、私達は生きていますし、生きていなかければいけません!

 

だから、40歳前までには結婚して次のステージへ進んでください!

 

Hiroki
そして、婚活を楽しみましょう
30代後半であれば、スピード婚も視野に!
[sitecard subtitle=あわせて読みたい! url=https://1year-marriage.com/marriage-activity-progress/ target=blank]
結婚の焦り

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


クリックして読める【目次】
閉じる